癌を発見


癌の兆候を見逃さない

癌の兆候は、癌のできる場所によって変わっています。
例えば、胃にできる癌の場合は、食べ物を受け付けなくなって体重が減るということ、腸の場合は、便に血が混じるようになるという症状などです。
膵臓の癌の場合は、なかなか症状が出にくいとも言われています。
そんな中で比較的共通した兆候があります。
それは疲れやすい、なんだかだるい、夜が眠れないなどです。
これはあくまでも悪性腫瘍ができたときに限ったものでもありませんが、これらの症状が続く場合には、何らかの体からのサインとして、病院にいって調べてもらう必要があるでしょう。
血液検査だけでも腫瘍マーカーと呼ばれる、癌細胞などができていた場合に、数値が上がるものもあるので、血液検査をすることにより、そこからさらに精密検査をする必要があるのかどうか医師が判断することも可能になります。
もしも早い段階で発見されれば、今度は早期治療をすることができます。
それに比例して治癒率も上がっていくのです。

癌の兆候について

癌の兆候はその種類や進行ステージによって大きく異なります。
反面、ほとんどの癌で共通する兆候もあります。
例えば、長期間にわたる倦怠感、頭痛等はほとんどの癌の初期症状として確認する事が出来ます。
初期段階で兆候を発見し、迅速に適切なケアを行えば、完治する可能性が非常に高い病気です。
しかし、この病気は初期の段階ではなかなか気づきにくく、ある程度進行してからわかるケースがほとんどです。
ある程度ステージが進行した時は本人だけではなく、周囲の人間もその異変に気づく事が出来ます。
この段階では本人の体力が低下し、体調が良くない日が少なくないので周囲の人々のサポートが重要になります。
周囲の人々のサポートが充実しているほど健康的な生活を長期間にわたって営む事が可能です。
癌の兆候を発見し、早めのケアを行う事は簡単ではないです。
定期的に健康診断や癌検診を受け、自分の現状を知る事が大切です。
異変を感じた時はすぐに医療機関を受診する事です。

check

最終更新日:2018/5/9

 

 




copyright(c) 2015 「癌のすべて」 all rights reserved.