癌を発見


選択肢の広がる癌治療

癌治療というと腫瘍を切除する外科的療法、放射線を照射して腫瘍を小さくする放射線療法、抗がん剤などの投与によって癌細胞をなくしていく化学療法の3つが主に行われてきましたが、昨今は医療の発展もあり、これ以外の治療法も確立されてきています。
例えば、体内の免疫機能を向上させることでがん細胞を排除する免疫細胞療法やがんワクチン療法、がん細胞に特殊なウイルスを感染させ死滅させるウイルス療法などです。
また放射線治療の進化も目覚ましく、正常な細胞に出来るだけダメージを与えないように照射量や角度を調節できるようになっていたり、ピンポイントでがん細胞に放射線を当てることが出来る陽子線や重粒子線、サイバーナイフといった放射線療法も増えています。
外科的療法にしても傷口を小さくして体への負担を減らすような努力が行われていたり、副作用が強い化学療法もそれを緩和する支持療法の進歩によって従来よりも負担が少なくなっています。
このように癌治療の選択肢は広がっており、今後もさらなる発展が期待できるのです。

癌の治療が変わっている

癌と言えば、今や日本の死因の第一位を占める、最も有名な疾患の一つであると言って差し支えない病気です。
癌が発生する部位は非常に多岐に渡っていて、進行すると転移が発生し最終的には手の施しようのない状態になってしまうため、早期発見が重要であり、各自治体での検診などが推進され世界第一位の長寿国たる平均寿命を延ばすことに貢献しています。
癌による死者数はここ30年で増加していますが、これは喘息など他の疾患で死亡する人が減少し、年数を経過することで自然発生する癌に罹患しているためと考えることができます。
つまりそれだけ身近になった疾患と考えていいとも言えますが、その治療についても大きな進歩が見られています。
この疾患の治療は日本の至上命題と言っても過言ではないほど力を入れられていますが、かつては罹患後長期間入院して治療することがほとんどであったのに比較し、最近では副作用の少ない分子標的薬や内視鏡による負担の少ない手術など、日常生活にあまり影響を出さずに治療をする方法が確立されてきました。
これから先の進歩にも、期待が寄せられています。

Favorite

軽井沢の土地なら
https://www.shinkofudousan.jp/

2016/9/23 更新

 

 




copyright(c) 2015 「癌のすべて」 all rights reserved.