癌を発見


癌予防にはなにが効果的か

いまは日本人の3人に一人が癌になる時代と言われています。
もはや癌は他人事ではありません。
どんなに気を付けていても癌になるときはなってしまいますが、ならないように予防するためにはどうしたらいいのでしょうか?日本人に多い癌といえば、胃がんと大腸がんと肺がんです。
また女性に多いのはそのほかに乳がんと言われています。
胃がんの原因とも言われているのが、ピロリ菌です。
これは胃の中に住みついているのですが、ピロリ菌がいる人の多くが将来癌になるともいわれています。
ですから、ピロリ菌がいるかどうか調べて、もしいるようでしたら、除去するようにしたほうがいいのです。
いまは薬の処方で除去できますし、保険適用になっているので、安価でできます。
さらにほかのがんの予防としては、1年に一度はがん検診をうけるということです。
そして腫瘍ができはじめているかどうか、早期で検査をしていくことが予防につながっていくのです。
自分の健康は自分で守るしかないのできちんと受診したほうがいいです。

大腸癌の予防をしましょう

食生活やライフスタイルの変化に伴って、生活習慣病の一つに癌があります。
全国で死因の1/3は癌が占めています。
癌の中では女性による大腸癌が上位に上り、増えている疾患です。
原因は喫煙、飲酒、運動不足、肥満などが挙げられます。
女性は特にホルモンバランスの変化により便秘が男性よりなりやすくなります。
そのため腸内に老廃物がたまり、腸ががん化しやすくなってくるわけです。
老廃物を排出しやすくするには運動が大事です。
腸を動かすことです。
ジムやスポーツ施設に通うのも一つの方法ですが、お金をかけられない方もいらっしゃることでしょう。
寝る前にだけでも、両足をあげられるところまであげ、自転車をこぐように足を動かします。
少し疲れたというところで留めておきます。
軽い疲れで血流がよくなり、女性ホルモンの働きを助けます。
その結果腸が動き、快適な排便へとつながり、癌予防になるわけです。
お金をかけずに行う方法の一つでしたが、簡単に予防ができるわけです。
自分に合った方法を見つけていってください。
客観的なデータも大切ですので、定期的に健診も合わせて行ってください。

recommend

オメガ シーマスター 買取

Last update:2016/1/14

 

 




copyright(c) 2015 「癌のすべて」 all rights reserved.